フォロースルーを大きく取るべき理由とは

大切なスイングのフィニッシュ

フォロースルーは打ち終わりの動作を指しますが、スイングを締めくくる大事なフィニッシュ動作です。

大きくフォロースルーを取ることの大切さは、実に多くのプロが口を揃えて言っていることですのでよくご存じのことでしょう。

大きく取るコツはバットを前面に投げ出すようなイメージで取ることで、綺麗なフォロースルーができたときは飛距離も出ていることが多いです。

実際にスイングしてみるとわかりますが、投げ出すイメージでフォロースルーすると、回転する方向へバットが飛び出すことが多々あります。

左打ちならライト方向、右打ちならレフト方向ということですが、これをセンター方向に飛ばす意識に変えることで、理想のフォローができるようになります。

プロ野球を見ていると、プロ選手のフォロースルーはとても優雅で大きく非常に綺麗です。

特にバッティングが好調な選手のフィニッシュは美しく、インパクトの瞬間にボールを芯から押し込めている証拠とも言えます。

ゴロなど飛距離が伸びないバッティングの場合は、プロ選手といえどフォロースルーは小さく、手首をこねているようなフィニッシュになります。

スイングの集大成ですから、自分のフォロースルーを見直して、しっかりスイングできているか反省材料にするのはとても大切なことです。

なぜフォロースルーを大きくする必要があるのか

インサイドが振り出しでアウトサイドがインパクト後ですから、アウトサイド=フォロースルーを大きく取るのは基本中の基本となります。

インサイドを小さく、アウトサイドを大きくという言葉は、野球経験者なら耳にタコができるほど聞いていることでしょう。

ただ、振り出しを小さくするのは最短距離でボールに当てるためなのでわかりますが、フォロースルーを大きく取る理由はあまりよく理解していない人も少なくありません。

指導者の中でさえ、肝心なのはインパクトまでで、当たった後はさほど大切ではないといった考え方も実際にあります。

インパクトの重要性はもっともですし、フォロースルーがその場で直接打球に影響を与えることがないのは事実です。

しかし一番大切なのはフォロースルーがでた段階ではなく、構えた段階での意識の在り方です。

大きく綺麗なフォロースルーを取るという意識が、結果的には最高のインパクトを生み出す結果に繋がるので、フォロースルーがバッティングで大切な役割を果たしていることに変わりはありません。

当たりさえすれば良いという意識では、フォームがこぢんまりとしてしまい、結局は弱々しいインパクトになります。

フォーム指導でコンパクトに振れというのは定番のアドバイスですが、これはインパクトの瞬間までのことであり、直後からはヘッドをセンター方向へ放り出すような大きい軌道を意識するのが正解です。

もちろんその場で考えても遅いですから、構えた段階ですでに理想のフォロースルーをイメージしておくことが大切でしょう。

最近では少年野球の打撃指導などで、フルスイングした結果空振りしてしまうと、大振りするなという声が飛んで来ることもあります。

しかしそれでインパクトの瞬間にスイングを止めてしまうようなフォームになってしまったら、それこそいつまでたっても飛距離は伸びないでしょう。

フォロースルーのない打撃フォームは、いわゆる手打ちです。

手打ちだと指摘を受けた選手は、是非しっかりフォロースルーを習得してください。

美しいフォロースルーはどうやって出すか

フォロースルーの理想形は、腕や肘が回転の遠心力で前方へ引き伸ばされるイメージ

体格差は関係なく、インパクト後に後ろ側の手でボールを押し込むイメージを持つのがコツです。

左打ちなら左手、右打ちなら右手がこの推進力となります。

押し込んでいる間は、ずっとバットでボールを押し続けているようなイメージを持つと良いでしょう。

実際にはインパクトの瞬間しかボールはバットに触れませんが、ずっとバットにくっついているような感覚だと掴みやすいです。

ここを大切にすると、バットは自然にセンター方向、つまり投手へと放り出されていくようなフォームが実現されます。

感覚を養う練習法としては長い棒で素振りをするのが一番で、腕力や手先だけでは振り切れない状態でスイングを難しくすると良いでしょう。

これは全身を使ったバッティングフォームを身につけたいときによく用いられる方法です。

コツは棒の先端部分がどこにあるのか意識を向けておくことで、最後まで軌道を理解しながらスイングすることです。

失敗例は、インパクトから肘が曲がり、バットが返る状態です。

インパクトでボールを捉えたら肘を伸ばし切り、手首はその反動で自然に返るのが正解です。手首を意図的に返す悪い癖が付くと、プロでも修正がとても難しくなりますので是非とも避けてください。

フォロースルーは限界まで大きく取ることが、ヒット確率を上げることに繋がりまので、できればそこに強い気持ちも乗せると良いでしょう。

まとめ:打撃フォームにフォロースルーは重要

中距離あるいは長距離を得意とする打者でも、体格の大きい、小さい選手でも、全く変えられないのがフォロースルーの法則

インパクト後の飛距離をも左右すると言われるフォロースルーは、センターへ向かって大きく綺麗に出す意識を持つようにしましょう。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)