「変化球克服」へのシンプルな3つの方法[パート1]

こんにちは。今までは3回に渡りバッティングが格段び良くなる方法についてお伝えしてきました。
皆さん実践してみてどうでしょうか?
 
また、ブログを見てもっと上手くなりたいと思い八重樫幸雄通信野球教室にお申込みしてくださった生徒さん達ありがとうございます。
これから一緒に頑張りましょう。
 
野球は上達すればするほど楽しくなります。
皆さんも是非実践してみて下さい。
 

 
さて今回は「変化球が打てない」という選手からの声が多いので、変化球克服への3つの方法についてを3回に渡ってお伝えします。
 
ポイントは数多くありますが、今回は一番シンプルで効果的な3つをご紹介します。
 
結論から言いますと変化球克服では「トップ」「視線」「練習方法」が大事になってきます。
 
皆さん意識したことはありますか?
 
その中でも今回は「トップ」についてお伝えします。

「トップ」

前回と重なる部分はございますが、変化球が苦手という人にはトップを意識するだけで大きく改善されます。
変化球が苦手な人に共通する点はトップができないままボールを見極めようとして体が突っ込み目線がぶれて打てなくなります。
突っ込んで三振が多いですよね?
 
そんな時は早い段階でトップを作りましょう。
 
巨人、坂本選手がコンスタントにヒットを打てる理由は足を上げた時にはすでにトップに入っていて、なおかつ軸足に重心が乗っているためボールの見極めに余裕が生まれているからです。
 

 
たったこれだけ?って思うかもしれませんが変化球が苦手な人にとってこのトップは非常に大事になります。
自然な構えから足を上げてトップに入るのもいいですし、あらかじめトップ周辺に構えておくのもありです。
自分のやりやすい方でやってみて下さい。
 
今回は変化球克服へのポイント「トップ」についてお伝えしました。
早い段階でトップに入ると本当にボールが見極めやすくなるので実践してみて下さい。
 
毎回のことですが、いきなりはできないかもしれませんが、しっかり意識して練習すれば必ずできるようになります。
何事も意識が重要です。
 
「継続は力なり」頑張りましょう!

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)