バッティングのスイングスピードを上げる方法教えます!

バッティングのスイングスピードを上げる方法教えます!

その1:筋力をアップさせる

野球に限らず、スポーツをする上で筋力をアップさせることはとても大切です。

筋力をアップさせるには地道に筋トレを行う必要があり、その努力によって鍛え上げられた筋力は全ての動作の基本になります。
毎日腹筋や背筋などの基礎的な筋トレをすることで体幹が鍛えられ、安定したスイングや力強いバッティングに繋がりますが、単に筋力をアップすれば野球のスイングスピードアップに繋がるとは言えません。
それぞれのスポーツ、また動作によって重要な働きをする筋肉は異なり、その筋力をアップさせることが大切になってきます。

パワーリフティングの大会を見たことがあるでしょうか。パワーリフティングでは普段から重いダンベルを持ち上げる筋トレを行うことで、大会では最大の力を発揮してより重いダンベルを持ち上げることが出来ます。
そのスポーツや動作に必要な筋力をアップさせるには、日頃からそのスポーツに合った筋トレをする必要があります。
そのため、野球のスイングスピードを上げるにはスイングの回数をこなし、スイングに必要な筋肉を鍛えることがスピードアップに繋がっていきます。

練習方法としては、重さが違うバットを使って素振りをすることをお勧めします。

通常使用しているバットとそれよりも重いバット、そして軽いバットを用意します。
今日は軽いバットを使ったら、明日は通常のバットと素振りをする日によって使用するバットを変えます。
軽いバットを使用することで速くバットを振る感覚を身に着けることが出来ます。
また、重いバットを振ると体勢が崩れやすくなりますが、フォームを意識することで正しい体勢や必要な筋力が身につき、通常のバットを使用したときのスイングスピードアップに繋がっていきます。

その2:骨盤に注目

「バッティングは腰の動きが重要」というのは聞いたことがあるのではないでしょうか。
ですが、実は重要なのは腰ではなく骨盤です。骨盤は腸骨、仙骨、千腸関節の3つに分かれています。
これらを連動させることが全ての運動の基本になっており、骨盤が動くことで全身が動いているといっても過言ではありません。
この骨盤を鍛え、上手く動かすことがスイングスピードを上げることへと繋がるのです。
骨盤なんて鍛えられるの?と疑問に思った人もいるかもしれませんが、家でトレーニングすることで鍛えることが出来ます。
その方法も簡単で椅子に座り、膝を前後に3センチ程度動かすだけです。
お尻を動かしたり、膝が横にぶれないように行うのがポイントになります。
骨盤を鍛えることで、スイングのスピードを上げる正しいフォームが身につきます。

その3:ストレッチは重要

バッティングの動作は非日常的な動作であり、トレーニングを重ねているとはいえ、体に負担がかかります。
トレーニングを行うという行為も多かれ少なかれ体への影響がゼロとは言えません。
また、スポーツをしていると怪我はつきものです。体が出来上がっているプロ野球選手でさえ、怪我をしてしまうことはあります。
体に負担がかかったり、怪我をしてしまうことは当然野球をするのに影響が出てしまいます。
そのようなことを防ぐためにはストレッチが重要になります。
ストレッチをすることで筋肉の柔軟性が上がって体への負担が軽減できたり、怪我を防止することにも繋がります。
また、柔軟性が上がることは筋肉の可動範囲が広がるため、正しいフォームで楽にスイングすることが可能になります。
結果、スイングスピードアップへと繋がるのです。「ストレッチは痛いから嫌い」「ストレッチはやっても意味がない」なんて思っている人もいるようですが、その様な事はありません。
特に野球する上では、股関節のストレッチが重要と言えます。

ここで股関節のストレッチ方法を紹介します。

1つ目は股関節を曲げるという動作をスムーズに行うためのストレッチです。

足を前に出し、足の膝に自分の胸をくっつけるように体を倒します。
この時、背中をできるだけまっすぐにし体を倒すように心がけましょう。

2つ目は股関節の曲げる動きを改善するためのストレッチです。

四つん這いになり、お尻を左右に動かします。

3つ目は膝を立てて座ります。

左足首で右膝を下に押さえつけるようにし、これを左右交代で行います。
これは野球の動作で重要となる股関節の前側の筋肉を伸ばすストレッチになります。
ストレッチも筋トレ同様すぐに効果が表れるものではなく、コツコツと継続して行うことが大切です。

まとめ

スイングスピードを上げるには努力が必要!

スイングスピードが上がることでボールにバットが当たった時の力が大きくなり、飛距離アップに繋がるといったメリットがあります。
ここではスイングスピードを上げるための3つの方法を紹介しましたが、どれも即効性がある訳ではなく地道に努力する必要があります。
しかし、努力すれば必ず力になり、バッティング技術の向上へと繋がっていきます。継続が大切です。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)