大谷選手のバッティングを徹底分析!構えとその特徴

大谷選手のバッティングを徹底分析!構えとその特徴

大谷選手はバッティングの構えにも無駄がない

メジャーリーグで活躍している大谷翔平選手のバッティングセンスはずば抜けています。

どんな球種にも対応でき、ヒットやホームランにできるのです。
まずは構えです。一般的にバッティングの構えは楽に構えるのが良いとされています。
楽に構えることで球筋をしっかりと見極めることができるからです。
大谷選手の構えはどっしりとしており、他の選手より若干前かがみに見えます。
これは膝を軽く曲げているため、前かがみに見えるのです。
膝を軽く曲げておくことによって、ボールが来たときにスムーズに体の軸から回転できるようにしています。

バッティングで重要な点の一つに、無駄のない動きがあります。
プロのボールは平均140キロの速い球で真っ直ぐだけではなく、多くの変化球があります。
速くて球種が多い球をバットで捉えるのは容易ではありません。
少しでも無駄な動きがあると芯からずれ、前にすら飛ばなくなってしまいます。
大谷選手の構えはボールの球筋を見極めるために楽に構えつつも、すぐに体の軸で回転でき、シンプルなスイングができるように工夫されているのです。

大谷選手のバッティングフォームの特徴

大谷選手のバッティングフォームの特徴は体の軸でのスムーズな回転と左ひじのたたみ方、そして打つポイントの近さにあります。
まず体の軸でのスムーズな回転は前述した通り、リラックスした構えから打てるボールを見極め、無駄な動きをすることなく体を回転させます。
左ひじのたたみ方については、身長が高く腕も長い大谷選手がインコースのボールをあれだけ上手く打てるのは左ひじのたたみ方が上手いからです。

一般的にもそうですが、大谷選手もテイクバックをしっかり取ります。

大谷選手はテイクバックを取るときに左脇が開きます。
通常は左脇が開いているとスイングをする時にバットがスムーズに出にくいと言われています。
しかし、大谷選手はスイングをするときの左ひじのたたみ方がものすごく上手いです。
大谷選手のように身長があり、腕の長い選手が左ひじのたたみを意識すると窮屈なフォームになりがちだと言われています。
ですが、大谷選手はバットを振り出す前は左脇を開いてリラックスし、スイングに入ると同時に上手く左ひじをたたみ、スムーズなスイングを可能にしています。
それにより、インコースの速い球も逆方向へ飛ばせるのです。

次に、一般的にミートポイントは体の前の方がボールに力が伝わりやすいと言われています。

しかし、大谷選手はミートポイントをキャッチャー寄りで体から近い位置に置いています。
なぜかというと、ボールをギリギリまで見ることができるからです。
通常は体から近い位置にポイントを置くと、差し込まれ詰まりやすいと言われています。
大谷選手の場合はそれをカバーできるだけのスイングスピードと左ひじをたたむ技術があるため、欠点を補えるのです。
まとめると、大谷選手のバッティングフォームはボールをギリギリまで見極めことができ、どんなボールにも強い力で撃ち飛ばすことができるということです。

さらに、大谷選手はメジャーに行ってバッティングフォームを変えています。

日本でプレイしていたときには足を上げていましたが、メジャーに来てから足を上げないフォームに変更しました。
これは投げる際、膝を高く上げてから一呼吸おいて投球してくる日本のピッチャーに対し、足を上げずにそのまま投げてくるメジャーの投手に対応するためだと言われています。
実際にメジャーに行ったばかりの頃、オープン戦では結果が出ずに苦しみ、マイナーリーグで経験を積んだ方が良いとの声が上がりました。
しかし、足を上げないフォームに変えたことで現在のように打てるようになったのです。
通常はフォームを変えて結果を出すには相当の時間がかかりますが、大谷選手は1週間足らずで新しいフォームも自分のものにしてしまいました。こういった点からも彼の野球センスの良さが感じられます。

大谷選手のバッティングは理想形?

大谷選手のバッティングはリラックスした構えからできるだけボールを体の近くまで引き付けてボールを見極め、上手く肘をたたみ鋭くバットを振って強く打ちます。
これはバッティングの理想形だと言われています。
また、大谷選手はある時期打つポイントが近いために体が開いて突っ込みやすく、ボールにタイミングを合わせづらくて悩んでいました。
しかし、踏み出す足を突っ張るようにしたらそれが改善されたそうです。
誰しもが始めからバッティングが上手いわけではありません。
壁にぶつかり、それを乗り越えるという作業を繰り返しているのです。

まとめ

大谷選手のバッティングから学ぶべきこと

バッティングで悩んでいる人は、単に大谷選手の真似をすれば良いと思うかもしれません。
しかし、大谷選手は生まれ持った恵まれた体やセンスだけでここまで来た選手ではなく、貪欲に自分の理想のバッティングを求め、惜しみない努力を続けて来たからこそ輝かしい結果があるのです。
この精神に倣い、自分だけにしかできないバッティングを身につけましょう。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)