バッティングの基本はグリップより足の始動から始める

足の始動前に構えから見直す

日本でも人気のある野球は、テレビ観戦でもお馴染みで草野球や部活動などでも盛んにプレーが行われるほど、愛好家が多いスポーツの一つです。

なかでも一番の醍醐味は投手と打者との対戦であり、打撃が強化されないと点数が入る事がないため、チーム自体が勝つことができません。

そのため、攻めの中心はバッティングにあると言っても過言ではないです。

バッティングを行う上では打席に立つと打者はバットを持って構えのポーズをまずとり、投手が投げてきたボールを打ち返す事でヒットやホームランを狙います。

構えのポーズは投手が投げて来たボールをバットがスムーズに捉える前の大切な動作の一つで、必ず打者には構えが存在します。

プロ野球でも様々な型が存在しますが、それは打者にとっても一番ボールを打ちやすい集中できる状態にあると言えます。

もっとも独自性のあるユニークな構えは真似されることもありますが、逆にボールを打てなくなる可能性もあるため、興味本位で真似ることは慎んだ方が良いです。

バットを持つ構えの基本は、人それぞれの適性に合った形を選択することが重要で、緊張状態と無縁の力も入っていない無理のない自然体が必要不可欠となります。

ちょうど剣道でも構えを行うことで隙を発生させない様な集中した状態になりますが、同じ様に意識を集中させるためにも必要不可欠の要素です。

このように打者は打席に立った時は初めに構えを行い、投手が足を上げて下ろして腕を振って投げてきたボールに対しタイミングをとって、引っ叩くという一連の動作でヒットやホームランを狙っていきます。

構えからタイミングをとるための足の始動

他にも打者はボールを捉えるタイミングが重要ということを耳にします。

タイミングがズレてしまうと空振りやファールになったり、凡打に倒れてしまったりすることも多いからです。

タイミングが合うとバットを振った時に、一番ボールを捉えた時の打力が伝わりやすくなり、飛距離を伸ばすこともでき、打球の速さまで違っていきます。

実際にホームランになる場合には、タイミングがピッタリかつジャストミートのタイミングで発生することが一番多いです。

タイミングが合ったか否かを判断する上では、ボールを捉えて打った時の音が明らかに通常とは違う場合になります。

タイミングがズレてしまうことは、バットの振りが甘くなっている状態にあります。

凡打となることも多く、飛距離も確実的に飛ばすことができない状態で、打球も遅い状態となります。

もっともタイミングをとる場合の始動はいつかがよく問題となりますが、必ずグリップを固定したままで足の始動から始めるのがポイントです。

足の始動は右打者であれば左足、左打者であれば右足から動かし始めます。

投手が振りかぶって足を頂点まで上げた瞬間に始動の開始を行うことが重要になります。

さらにこの時、バットのグリップを持ったまま動かさない状態をキープしなければなりません。

右バッターであれば投手に近いのが左肩で、左バッターの場合は右肩が投手に近い肩となります。

この投手に近い方の肩を動かさないことで、グリップが動かない状態になり、常に固定したままの状態になることが可能です。

もし投手の足を上げたタイミングで肩が開いたり、ブレたり動いたりした場合には当然、グリップも動いた状態になるため、足の始動よりも早くなります。

グリップが固定されていないとバットがボールを捉えた時の力が入らない状態になり、凡打の山を築くことになります。

また、来たボールのスピードにも対応できずに空振りしやすくなります。

足の始動から始めた場合、その足を踏み込んだタイミングでバットを振ることでスイングスピードを上げることが可能です。

実際に投げてきたボールを呼び込んで捉えることでジャストミートしやすくなります。

足の始動から軸足に体重を乗せて溜めを作る

なお足の始動を投手の投球フォームに従って早めに行うことは、軸足に体重を乗せる溜めを作ることです。

溜めを作ることは、バットを振る時の威力を増すことに繋がり、その威力を始動した足を踏み込んだのと同時に力点を作り、それがバットからボールに伝わって、威力のある打球へと結びつきます。

よくプロの世界では体重移動と言われ、それはバッティングの基本となる動作です。

この体重移動がスムーズに出来ていると全身でボールを捉えることにも繋がり、驚異的に飛距離を増すこともできます。

バッターは上半身の力でボールを飛ぶのではないかと考えて、筋トレのメニューを充実させている方がおります。

実際には下半身の力と上半身の力の全身で、バッティングを行うことが重要で、上半身の力だけだと手振りになりやすいです。

まとめ

以上のことから理想的なバッティングフォームは、ピッチャーが足を上げたのと同時に右打者なら始めに左足をまず動かしていき、それと同時に肩を動かさない状態のまま徐々にグリップを引きます。

そしてボールが来たのと同時に左足を踏み込んで、思いっきりバットを振り抜くことでヒットやホームランになる確率が高まるはずです。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)