打撃力がアップする低めのボールの打ち方

ピッチャーが投球で多用する理由

ピッチャーがマウンドに立ったとき、投球で最も多用するのが低めに狙いを定めたボールです。
なぜこのコースに頻繁に集めるかというと、打たれる可能性が大変低いということが理由として挙げられます。

ピッチャーはピッチングの際、外角低め(アウトロー)と内角低め(インロー)にボールを投げることができるように日々練習を重ねます。
コントロールに自信を持っているピッチャーなら、間違いなくほとんどのボールを外角低め(アウトロー)か内角低め(インロー)に集めてきます。

すなわち、ピッチャーにとって外角であっても内角であっても、低めのボールを投げられなければ打たれる確率が上がるため、コントロール力を高める必要性があるのです。

そのコントロール力を身につければ、打たれる確率はぐんと下がるわけですが、逆に打つ側からすると低めのボールを克服しない限り、打撃力アップは見込めないということになってしまいます。

しかしながら、この低めのボールを打つことは非常に難しく、苦手としている打者も少なくありません。
そこで低めのボールをいかにして上手く打ちこなすか、その練習方法などについて見ていきましょう。

低めを打つときに重要な姿勢

低めのボールをしっかりと打つためには、姿勢が重要な鍵を握ってきます。
低めのボールはどうしてもボールの上の部分を叩きがちになり、内野ゴロになってしまう確率が高まります。

そのため、ボールをバットの芯で的確に捉えられるようにするには、低めに対応できる姿勢をとることが大変重要になってくるのです。

まず大きなポイントは膝の使い方で、前膝を少し曲げて柔らかく使うことを意識します。
前膝が立ったままの姿勢だと、低めのボールはバットの先端に当たりやすくなり、凡打になる確率が高くなってしまうのです。

もう一つのポイントは、スイングをするときにピッチャー側に来る足の前膝にゆとりを持たせることです。
すなわち右バッターなら左膝、左バッターなら右膝を突っ張らせずに適度なゆとりを持って打つように心がけることで、低めのボールに対処することができます。

このとき、前膝を曲げすぎないように注意しましょう。
膝を曲げすぎると折れ曲がった状態になってしまい、腰を上手く使うことができません。

しかし軽く曲げた状態を維持できれば腰を水平に回せますので、低いスイング軌道になっても安定した姿勢でバットを振ることができます。

低めを打てるようになる効果的な練習

低めのボールをきちんとバットの芯で捉えて打つためには、トスバッティングの練習を繰り返し行うことが大切です。

トスバッティングを行うときは、通常のバッティングよりもややスタンスを広めたフォームで行いましょう。
前述したピッチャー側の前膝を柔らかく使うことを意識して、トスバッティングを繰り返します。

ただ前膝を柔らかく使うことばかりを意識しすぎると、姿勢がどうしても前に突っ込む形になってしまいがちです。
腰を水平にした状態で回すためにも前に突っ込みがちにならないよう、そして過度な体重移動を行わないようにも気を付けましょう。

その場で腰を回すように心がければ足腰が安定しますので、低めのボールをしっかりと打ち返すことができるようになります。

距離感とフォームに関する練習

低めのボールが打ちにくい理由としては、目からの距離が離れていることも大きな要因です。
高めのボールが打ちやすいのはボールと目の距離が近いためで、逆に低めならば必然的に打ちにくくなってしまいます。

そこで、ボールの距離感をとる練習が大切になってきます。
低めのボールを打つときは、スイングの軌道が一番大きくなるため、正しいフォームを確立させる練習も欠かせません。
大きく滑らかな軌道を描き、正しい軌道でスイングを繰り返す練習を何度も行うことによって、正しいフォームを身につけることができます。
スイングの練習を行うときは、足を肩幅よりやや広めに開き膝は軽く緩めた状態でつま先を少し開いて立ちます。

そして、バットのヘッド部分が下になるよう、おへその真下に持ちましょう。
上半身は、肘を折ってしっかりとテイクバックを取りながら、両肘とグリップエンドを下に向けて落とすように振るのがポイントです。
ボールをインパクトしたときにヘッド部分が返るイメージで行うことを意識し、肘と手首はしっかり折りたたむようにするのがコツとなります。
踵は地面に着けたままで、肩や腰、膝が開かないようにしっかりと固定した状態で行うことも大切です。
重心が身体の後ろ側に偏らないように注意し、スイングした後は前のめりにならないように気を付けましょう。

この低めのボールに対応できるスイングを繰り返し行うことで、正しいフォームが身につけき、低めのボールもしっかりと打てるようになります。

まとめ

低めのボールを克服するためには、正しい練習方法をきちんとこなすことが大切になってきます。
低めをしっかりと打てるようになるための練習方法がわかれば、後はひたすら練習あるのみです。
そしてその成果は、実践の場で必ず実力となって発揮されるに違いありません。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)