バッティングで多い突っ込んでしまうという悩みを解消するには

バッティングで多く聞かれる悩み

バッティングが上手くいかないとき、多くの選手がどうしても突っ込んでしまうという悩みを抱えていることがよくあります。
指導者からも、突っ込んでいるぞと指摘を受けることがあるでしょうが、本人としてはどうしたらいいのかわからず、余計に悩んでしまうでしょう。

突っ込みたくないのは他の誰でもない、選手自身なのですが、突っ込んでしまうバッティングを改善するためにはどうしたらいいのかという具体的な指導がないと、いくら突っ込むなと言われても焦るばかりです。
突っ込まないようにしようとするあまり、バッティングフォームがどんどん崩れていくという悪循環に陥ることもあります。

そのため指導者側がしっかりと具体的な指導をすることが大事なのですが、少年野球や中学校の部活などでは指摘はすれど、具体的な改善策は示されないことがしばしばあります。

そもそも突っ込むとはどういうことなのか

小さな頃からリトルリーグに参加している子の場合、バッティング練習の際に突っ込むなと言われても、何のことやらさっぱりわからないでしょう。
それでも監督やコーチのいうことは聞かなければいけないので、はいと返事をしてしまい、指導者はそれで理解したものと思ってしまいます。

バッティングにおいて突っ込んでしまうことをスウェーと言いますが、この言葉自体、あまり広まっていないのが現状です。
スウェーは打つ前、もしくは打った瞬間に上体が前に突っ込むことです。

また、前へのスウェーを注意されることがほとんどですが、実際には後ろへスウェーすることもあり、突っ込むのは前だけではないことは、さらに知られていないと考えられます。
悩みとして多いのは前へのスウェーのため、どのように練習すれば前へ突っ込まなくなるバッティングができるかを考えていきます。

なぜ突っ込んでしまうのか

バッティングの際には、タイミングを計ってステップしますが、ステップ後にバットを振り出すときの両手の位置、いわゆるトップと呼ばれる位置がしっかりつくていないことが原因の一つです。

バットを握ったグリップをキャッチャー側に引き、バットのトップを相手投手側に傾けるのが正しいバッティングフォームですが、このトップを深くすると軸足に体重がしっかり乗ります。
軸足に体重がしっかり乗っていると、身体がふらつかないために、打つ前や打った瞬間に身体が前に突っ込むことがなくなるのです。

そのため、深くトップをつくるように意識して素振りをすることが、軸足にしっかり体重を乗せることにも繋がり、突っ込むのを改善することができます。

前足の位置と肘の使い方

前足で壁を上手くつくていないことも、突っ込んでしまう要因です。
前足で壁をつくるとはどういうことかというと、つま先がピッチャーのほうに向かないようにステップして、体重移動を行うことです。
つま先がピッチャーのほうに向いていると、どうしてもステップ後の体重移動が安定せず、身体が前に突っ込んでしまいます。

逆を言えば、この前足の使い方が上手くできるようになれば、下半身に力を溜めることができるため、しっかりとしたバッティングができることになるというわけです。

肘についていえば、後ろの肘がポイントです。
バッティングの際は、まず後ろの肘が身体の内側に入ることになりますが、このときに前の脇を大きく開かないようにすることが大事です。
脇が開いてしまうと上体がずれやすくなり、結果としてトップが下がってしまいます。

身体の姿勢もあごが上がってしまうためにボールをしっかり見ることができず、ボールを追えない状態でスイングすることになってしまいます。
要するに、突っ込んでしまったバッティングになるわけです。
脇が開かないように注意することで、上体がずれるのを防げれば、あごが上がることもなく、しっかりとボールを目で追えるようになります。

また、バットのヘッドが下がることもありませんので、ボールを最後まで目で追いながらバットに当てることができます。

簡単な練習方法から始めるのが良い

スウェーを改善するには、下半身の使い方を習得することが何より重要です。
まだ下半身の筋力が十分についていない子どもであれば、椅子に腰掛けて足を広げてしっかりトップをつくり、椅子に腰掛けた状態でステップした後、スイングするという練習を行います。

このとき、上体が突っ込まないように気を付けながらスイングし、最後にフォロースルーするまでの動作を身体に覚えこませることが重要です。
また、指導者がそばにいて姿勢をチェックし、的確に直してあげることは必須です。
慣れてきたらバランスボールを使うのがおすすめで、下半身を鍛えながらスウェーの改善もできる一石二鳥の練習方法です。

まとめ

言葉でいくら突っ込んでいるぞとか突っ込むなと注意されても、身体の動きはそう簡単に直すことはできません。
正しい指導のもと、どこが悪いのかやどこに注意してバッティングをすれば良いかをしっかり教えてくれる指導者に付き、身体に覚えこませるまで繰り返すことが大事です。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)