始動するタイミングを重要とするバッティングの基本

構えからスムーズな始動を実現

バッターボックスに入った場合には、まずは構えることから始めます。
構えとはスタンスともいわれ、主にスクエアスタンス・クローズドスタンス・オープンスタンスの3つがあります。

スクエアスタンスは、基本的なスタンスでピッチャーとキャッチャーの位置と並行して身体を構える状態になり、大抵の方はこれを基本としてバッターボックスに入ることが多いです。

クローズドスタンスは、ピッチャーに近い足を本塁ベース方面に突き出して構える外国人によく見られるスタンスで、身体の開き自体を抑えることで外角のボールをセンターから流し打ちまで対応できる優れた点があります。

オープンスタンスはピッチャーに近い足を本塁から遠ざける形で身体を開き気味に構える方法で、内角のボールを打つときに優れ、踏み込んで打つことで外角のボールにも対応することが可能です。

このように3つのスタンスが存在しますが、いずれも始動を始めるポイントはピッチャーの足が上がって下がった瞬間に行うことが共通するのが特徴的です。

ピッチャーの足を上げて下す瞬間に始動開始

上記のような3つのスタンスがありますが、どれも共通していることはピッチャー側の足を始動させるタイミングが一緒である点です。

足を移動させることは重心の位置を移動させることに他ならず、右打者なら左足の始動を開始することで右足に重心が徐々に移動していきます。
この重心を右足に移動させることは、すなわち溜めをつくることとなるため、それは強くバットを振り抜くうえでのポイントとなります。
この溜めが上手くできていないと振りが甘くなり、ボールを遠くに飛ばすことができなくなります。

ピッチャーを投げる動作では、右投手なら左足を上げ、左投手であれば右足を大きく上げる動作が行われます。
もちろんランナーが塁にでた場合でも同じとなるためバッターとしては必ず見るべきポイントは、ピッチャーの足の動きを捉えることになります。

ピッチャーは足を上げたと思えば、今度はそれを下ろして腕を振って投げてくるので足が上がって下す瞬間に始動をすることで、タイミングがとりやすい状態をつくることができます。

さらに発展した始動タイミングをとる方法のシンクロ打法

バッターのタイミングの取り方は、永遠のテーマとなっており、様々なタイミングの取り方が編み出されたのも事実です。
以前よりホームランを打つときには腕の力だけでかっ飛ばすというイメージは誰もが持っていましたが、実際は遠くに釣り糸を飛ばすように力が入らないタイミングで飛ばすことが大切です。

つまり外国人のようなパワーヒッターでなくても、体格が小さく細いバッターでも遠くに飛ばしてホームランにできることが証明されています。
いかにバッティングにはタイミングが大事であるかがわかるはずです。
最も手塚一志氏が提唱した打法にシンクロ打法が存在しますが、これはピッチャーの動きに同調して足をシンクロ的にタイミングをとる方法として注目されました。
かつては江藤智や高橋由伸らがこの打法を採用してホームランを量産していたこともあります。

これは、始動を開始する右打者であれば左足、左打者であれば右足を何回か分けて踵を踏みつけてタイミングをとる方法となります。
タイミングの取り方はピッチャーが足を上げたのと同時に踵を一度着ける動作を行うじゃんけんの予備行為に似ています。
大きい溜めをつくり出す場合にこうした予備の動作を行うことで溜めをつくり出す力をより大きくする効果が狙えます。

この場合だとピッチャーが振りかぶって体勢を沈み込ませた瞬間に、投手側の足の踵を一度踏み込んで、それからバットの振りに入るという一連の動作を行います。

一般的に始動するタイミングの理解がしやすい一本足打法

一本足打法と言えば、ホームランの世界的記録保持者である王貞治が採用した打法の一つであり、近年でも多くのバッターがそれに近い動きを取り入れてバッティングを行っていたりします。

それも基本は同じで、ピッチャーが足を大きく上げてそれを下ろす瞬間に、バッターの投手側の足を大きく上げて一本足で立った状態にして、そしてボールがやってきたら強く振り抜く形になります。
この魅力は体重移動を完璧に行うことができる点と、始動するタイミングを掴みやすい点があることです。

ただ変則投げの投手には対応が難しく、タイミングがずれやすいという欠点が生じることも多くなります。

そのため大抵はピッチャー側の足を大きく上げることなく、少しだけ上げた状態にしてコンパクトなバッティングをする形となることも多いです。
コンパクト化することでホームランのみならずヒットを狙える打法としても採用されやすいです。

まとめ

バッティングの基本は、強い打球をミートして飛距離アップを目指し、ヒットやホームランを狙うことです。
そのためにはタイミングが必要となり、特にタイミングを取るうえではバッターのピッチャー寄りの足を始動するタイミングが重要です。

ただシンクロ打法や一本足打法などが様々な打法が存在しますが、ピッチャーの足の動きに合わせ、足を上げて下した瞬間にピッチャー側の足を始動し始めてタイミングをとる形が基本です。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)