アマチュア野球選手は、レベルスイングが理想の打ち方

野球は、基本を身につけることが大事

野球は、打つ、投げる、守る、走るが基本のスポーツになります。

この中で一つだけ上手い人はいますが、全てがバランス良く優れていることが理想です。

アマチュアからプロに入る人は、一つ飛びぬけた実力が必要になります。

ホームランを多く打つ才能がある人、ピッチャーで速い球を投げる人は、注目されていくはずです。

そして、守備が上手いこと、足が速いことも、野球には欠かせない技術になります。

これらの才能を持った選手が多いチームほど、強く勝ち抜く力もあるはずです。

そして、実力をアップするには、練習と努力は必要ですが持って生まれた技術も大事になります。

例えば、球を速く投げられる人は、才能があり天性になるはずです。

プロのピッチャーで150キロ以上投げられる人は、そんなに多くいません。

練習や努力をしても、才能が非凡な人に追いつかないケースもあります。

また、バッターにもホームランを量産する人、ヒットを多く打つ人など、才能が大きく左右するはずです。

中でも、ホームランは、誰でも打てるわけではなく才能が繋がっています。

しかし、プロに入る選手の中には、努力で活躍してスター選手になった人もいます。

ドラフト1位で入団したエリートではなく、ドラフト6位からタイトルを数回獲りチームの顔として愛された選手もいるようです。

野球を上手になるには、才能だけじゃなく練習と努力が求めらる

打つ、投げる、守るといったプレイは、基本がすごく重要

多くの野球選手は、小学生で学びプレイしますが、基本が身についている選手は上達します。

スポーツの基本は、自分で覚えるのは難しく指導してもらう人次第です。

投げ方、打ち方、捕り方を正しく教えてもらえば、一流選手への道が開けます。

プロ野球のスター選手は、小学生チームで基本を学び高校で厳しい練習を行いプロで花が開くスタイルです。

しかし、世界のホームラン王と言われた王貞治さん、ヒットを量産してメジャーで活躍中のイチローさんのような例外もあります。

独特な打ち方で活躍したプロ達は、個性的なバッターも多い

どちらも足を上げるスタイルですが、基本が身につけいているから応用の変則な打ち方で成功しました。

普通の選手が、王さん、イチローのような打ち方を真似してもあんなに打てません。

やはりアマチュアの選手は、野球の基本スタイルを忠実に行い実践していくことがベストです。

小学生や中学生なら、基本をマスターすることは十分可能です。

野球のバットスイングは、レベルスイングが基本

野球選手で、「あの人良く打つな」「ホームランを多く打ってすごいな」と、思うケースがあります。

ふと、気づく人もいて、いい打ち方をしている選手でもあるはずです。

基本ができていれば、成績がアップしていくことも増えていきます。

プロの世界では、スランプという表現がありますが心身の不調が関わっていることが多いです。

しかし、アマチュアの場合、変な打ち方を続けていることが不調の主な原因です。

ゴロが多い、フライが多い、ファウルが多いなど、基本の打ち方からずれていることが挙げられます。

野球の打ち方、バットの出し方は、レベルスイングで内角を打つ感じで内から出すのがベストです。

バットは、最短距離で出すことで強い打球を飛ばすことができます。

外角の球を打つ感覚より、内角の球を打つバットの出し方で振り抜きましょう。

また、野球の指導者の中には、上からボールを叩くスイングが良いという人も多くいます。

この場合、上からバットを出しても、フォロースイングのバットが肩より上に上がらないとだめです。

上から振り下ろしたスイングだと、ボールはゴロになりやすくなります。

そのため、バットスイングは、レベルスイングで行いボールを水平に捉えることがベストです。

打ち方には、上から叩くダウンスイング、水平に振り抜くレベルスイング、下からすくい上げるアッパースイングの3種類があります。

ホームランを多く打つ選手は、アッパースイングのイメージがあるようです。

しかし、実際は、レベルスイングかダウンスイングで量産していきます。

そして、ピッチャーが投げるボールのコースに分けることなく同じスイングが求められます。

内角、真ん中、外角、変化球など、基本に忠実な打ち方レベルスイングで対応してみましょう。

そのときの腕とバットの出し方は、右打ちなら左手の甲を、左打ちなら右手の甲をピッチャーにぶつける感じです。

球速に負けないよう強気で振り抜いていけば、あとは運でボールが飛んでいきます。

そして、バットの出し方が上手くできれば、ヘッドが立ち打球が上に上がることが多くなります。

バットの先は、スイングにおいて重要なポイントの一つです。

ヘッドが下がっている場合や寝ている場合は、打球はゴロやフライが多くなります。

ヘッドが立っているスイングは、打球に勢いが付き力強いためヒットになりやすいです。

このバットの出し方を身につけるには、普段から正しいスイングで素振りを行いましょう。

手の甲をボールにぶつけるイメージで、素振りを多く重ねれば結果はついてくるはずです。

野球の打ち方として、上から叩くだけではいい打球は飛ばず、2塁打以上の長打は出にくくなります。

まとめ:良い打ち方は、プロへの近道

野球は、技術スポーツであるため基本から応用を身につけていきます。

バットの出し方がおかしいと気づけば早く直すことが必要です。

上手な選手の打ち方を見ることや父親が指導することも効果的になります。

良い打ち方をしていけば、プロへの近道となるはずです。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)