インコースは打ちにくい。肩の開きを抑えて克服しよう。苦手克服の練習方法

インコースはどうして打ちにくいの?

インコースの球は身体に近いところに来るため、バッターにとっては打つのが難しくなります。

バッターはベースに立ったとき、ボールを当てるポイントをベースの前にして準備していますが、意表をつかれてボールがインコースに入ったとき、どうしてもバットが振り遅れてしまうのです。
そのため技術力の高い投手はわざとインコースに球を投げてくるのです。

またインコースの場合、肘をたたんでバットを振らなければボールを打ち返すことができません。

こうした理由からインコースの球はどうしても打ちにくく、苦手に感じるバッターが多いのです。

投手もインコースが苦手なバッターが多いため、わざとボールの向きを変えて攻めてきます。

例えば1球目は低めにアウトコースで変化球を投げた後に、2球目はインコースを低めに投げるなどして工夫しているため、さらに打ちにくくなることでしょう。

打ちにくいインコースを克服するには

ではどうしたら打ちにくいインコースを克服すれば良いのでしょうか?

インコースのボールを無理に打とうとすると、バットの根本に当たってしまい、さらに打ちにくくなります。

また運悪くバットを握った手にボールが当たることもあるのではないでしょうか。

こんなとき、見逃し三振をやむなくしてしまうこともあります。

打ちにくいインコースボールを克服する方法があった!

バットの根本にボールが当たらないようにするためには、足を開き、身体のポジションを変え、打つポイントを前のほうにすることで克服することができます。

ポイントを前にすることで芯に当てることができますので、インコースのボールでも打つことが可能になります。

ただこの打ち方ではレフト方向にボールが飛んでいってしまいますので、バットのヘッドを返さずに打つことがポイントです。

ヘッドを返さずに打つには肘をたたんで打っていきましょう。

肘をたたむようにしてボールを打つとフェアゾーンに打ち返すことができますので、インコースボールを克服することが可能になります。

肘をたたんでボールが当たるミートポイントを前に持ってくることで、バットのヘッドを返すことなくフェアゾーンに打つことができます。

普段の練習でもインコースがきたときに、肘をたたんで打つ練習を行えば、本番のときに慌てることはありません。

上級者は流し打ちをマスター

インコースの打ち方にはバットをわざと遅らせて流し打ちにする方法もあります。

本来よりもバットを打ち出すタイミングをわざと遅らせて、インコースを流し打ちにします。

打つときには足を開き気味にしておく必要があります。

足を開くと自然に身体が開いてしまうのですが、左肩を開かずに足だけを開くのです。

下半身は開いたままで、上半身だけを残して打つ格好になりますので、初心者には難しい方法ですが、マスターすればインコースのボールでもどんどん打てるようになりますので、是非普段の練習に取り入れてマスターしてみてはいかがでしょうか。

インコースの練習方法①肘をたたんで打つ

肘をたたんだ状態でバットのヘッドを返さずに素振りをする練習を行う

頭の中でミートポイントが前方にあることをイメージして打つとイメージが掴みやすくなります。

インコースの練習方法②足をオープン、肩は閉じて打つ

足のステップをオープン気味にして立ち、下半身を開き、上半身を残した状態で素振りを行う

実際にインコースの打ち方をマスターするには、チームでの練習方法が一番です。

インコースの球を投手に投げてもらい、実際に打つ練習を行って身体で覚えていくしかありません。

肩の開きを抑えるポイント

インコースを打つとき、肩を広げないようにと頭で考えていてもなかなか上手くいきません。

肘をたたんで打つ場合は、肘を伸ばし切らずにゆとりを少し持ってバットを持ちます。

ボールがバットに当たった瞬間は、肘が伸び切らないように注意しながら、ボールを打ち返していきます。

このとき左肩の開きが早くなってしまうと、左の肘が伸びた状態になってしまうため、打ち返した球の力が弱くなるので注意しましょう。

打つときは、肩が開かないようにすること、肩越しでボールを見ることを意識すると開きを抑えることができます。

肩の開きはバッティングの命だといわれていますのでこの点に注意すると良いでしょう。

まとめ

インコースは身体に近い部分を通る球であるため、バッターにとっては打ちにくいという特徴があります。

インコースを克服するためには、足を開き、肘をたたむようにして打つと良いです。

フェアゾーンに打ち返すことができますので、インコースを克服することができるようになるでしょう。

上級者は流し打ちをマスターすると良いでしょう。

本番でインコースが打てるようにインコースをイメージトレーニングすると良いです。

チームでの練習も必要となります。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)