アウトコースが苦手な場合の克服方法とは

アウトコースへの苦手意識を持つケースは多い

プロや社会人野球、あるいは甲子園にでるような強豪校の選手なら、どんなコースに投げられたとしても臨機応変に対応できるバッティング技術を持っている

まだ野球を始めて間もない場合や、中学校に入って初めて部活で野球を始めたという場合には、バッティングの際、アウトコースへの苦手意識を持つケースが多くなります。

なぜアウトコースへの苦手意識が生まれるのかというと、バッターボックスにはストライクゾーンというものが設けられており、身体に近いほうをインコース、遠いほうをアウトコースといいます。

ピッチャーは打ちにくいように投げるのが目的ですから、身体ギリギリを狙ってきわどいインコースへ投げてくるかもしれませんし、アウトコースギリギリのストライクゾーンに投げてくることもあるでしょう。

真ん中に投げる場合は、猛スピードのストレートが投げられる剛腕ピッチャーか、バッターがバットを振り出した途端、落ちてしまうフォークボールや曲がってしまうカーブボールを投げるなどして、バットに当たらないようなボールを投げられる技を持っているピッチャーがいます。

中でもアウトコースの低めの位置はアウトローと呼ばれ、バットコントロールが最も難しい位置です。

ここに投げられるかどうかが勝負の分かれ目になるので、ピッチャーはここへのコントロールを意識して練習しています。

苦手意識の根本的な原因は、一言でいえば身体から遠いために打ちにくいからということです。

アウトコースの球はなぜ打てないのか?

アウトコースに来る球のことを、外角と表現することもある。

これに対してインコースは内角です。

アウトコースが打てない理由はいくつかあり、先に挙げた苦手意識を持ってしまっていることも含まれます。

ただ、苦手意識を持つに至ったのは、何度打っても上手く打てない、あるいは三振ばかりしてしまうといった経験が重なったことによると考えられます。

いったん持ってしまった苦手意識を払しょくするには練習するしかありません。

その際に気を付けたいのは、今、なぜ打てないのかを明確にすることです。

アウトコースが打てない選手の多くはバットを構えたときに腰が引けている。

このフォームではどうしても踵に体重が乗ってしまい、体重移動がスムーズに行えません。

この状態で身体から最も遠くのストライクゾーンに来た球は、バットの先端に当たって内野ゴロになりがちです。

構えの姿勢を直すことがまず取り組むべき課題

腰が引けたバッティングフォームが原因で打てないとしたら、フォームの改善が最初に取り組むべき課題。

構えの姿勢の際は体重を足の親指の付け根に乗せることが重要で、これによって下半身の構えが安定し、腰が引けてしまうのを防ぐことができます。

ステップした足が相手投手に対して正しく向いていないことも、アウトコースが打てない理由。

ステップした足が外側に開くとボールから遠くなるために、どうしても打ちにくくなります。

右バッターなら、左足の踵をピッチャーのほうに向けることによって、足が親指から自然に地面に着くようになりますので、足の親指に体重をかけてのバットスイングがスムーズにできるようになるでしょう。

効果的な練習方法

最も効果的な練習方法は、ティーバッティングを繰り返すこと。あるいはフリーバッティングも、効果的な練習方法です。

アウトコースが打てない人は、ミートポイントを掴めていないことが多いため、ひたすらミートポイントを掴むための練習を行います。

その際、アウトコースに来るように投げてもらい、下半身を踏み込んで打つときのバッティングフォームを身体に覚えこませるのが、一番の練習方法です。

これをひたすら繰り返すことで、自然と親指に体重を乗せる姿勢が出来上がってくるでしょうから、実際にバッターボックスに立ったときには、足の方向にさえ気を付ければ、腰が引けることなくアウトコースに来た球に対応できるようになります。

基礎ができていないうちはもちろん、どう頑張っても打てないというときには基本に戻って、フォームの見直しをしたのち、弱点を克服することを念頭に置いた練習をこれでもかと繰り返すことで、身体が自然に対応するようになってきて、自分でも驚くのではないでしょうか。

まとめ

アウトコースに来る球はどうも打てないという思い込みを持ってしまうと、なかなか抜け出せません。

自分はアウトコースが打てないと自分に言い聞かせ、そのように脳が働いてしまっているともいますが、一番の理由は身体の使い方が上手くできていないからです。

そのため、アウトコースを苦手だと感じた時点で、早めに練習にアウトコース克服メニューを採り入れ、集中的に行うことが重要です。

打てない状態を改善するためには最も効果的な練習方法です。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)