足を上げたほうがいい?上げないほうがいい?

日本ではポピュラーな足上げ打法

子供が野球を始めるときに初めに教えるべきことはどんなフォームで打つかということです。

しっかりとしたフォームができていなければボールを打つことはできませんし、バットにボールが当たらなければ三振するだけです。

その際に自分なりの理論でフォームを教えるコーチもいるでしょうが、たいていは最低限の指導をしたうえで自分なりのフォームを見つけるよう指導する人がほとんどでしょう。

子供たちはどのように自分なりのフォームを見つけていくのか?

まず真っ先に思い浮かぶのは憧れの選手のフォームを真似ていくという方法です。

プロで打っている人のフォームを真似れば自分も打てるようになるのでは、と考えるのは当然の流れと言えるでしょう。

そして、有名な選手を真似た子供たちのほとんどは足を上げるフォームを取るはずです。

なぜかというと日本人のバッティングフォームは足を上げる形が主流だからです。

古くは王貞治選手の一本足打法が有名でしょう。

あそこまで足を上げ続ける打法は相当なバランス感覚がいりますし、速いボールに対応するのも難しいので普通の人が真似るのは難しいですが、足を上げればしっかりと打球に力が伝わりやすくなるので多くの選手が足上げを導入しています。

しかし、近年では足を上げないフォームを取り入れる選手も増えてきました。

それに合わせて足を上げないフォームを取り入れるアマチュアの選手も増えてきていますが、両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

足上げのフォームのメリットとメリットを見ていきながら考えていきましょう。

タメを作ることでボールを長く見ることができる

そもそも、足上げ打法の元祖とも言える王貞治選手はなぜ一本足打法を取り入れ始めたのでしょうか。

王選手は元々ピッチャーとして巨人軍に入りましたが、プロのレベルの高さを目の当たりにしてバッターとして生き残ることを選択していきます。

とはいえ、当時の王選手はバッターとしては未熟で、特にバックスイングが遅れるという悪癖がありました。

バックスイングが遅いと球を見る時間は減るため、しっかりとコンタクトができなくなってしまいます。

それを見た荒川博というコーチが足を長く上げることによってバックスイングを速く行えるようにさせ、より長くボールを見れるようにするために一本足打法を導入することにしたのです。

一本足打法を取り入れて以降の王選手の活躍は言うまでもないでしょう。

王選手の伝説に好調のときはボールが止まって見えた、というものがありますが、これもひとえに足を上げることでボールを長く見れるようになったからこその効果だといえます。

下半身が弱い選手に足上げは難しい?

とはいえ、この一本足打法を真似して上手くいく選手はなかなかいませんでした。

王選手を指導した荒川コーチはその後多くの選手に一本足打法を伝授していくのですが、いずれも失敗しています。

そのうち、荒川コーチは王選手の下半身が異常に強かったからこそ一本足打法は成功したのであって、並の選手ではなかなか難しいということに気が付きました。

実際、足を上げながらバッティングをするには相当な下半身の強さが必要です。

下半身がしっかりしていなければ軸がぶれてしまって、かえってボールを見られなくなってしまいますし、ボールをしっかり捉えることもできなくなってしまいます。

もちろん王選手ほど足を上げずとも軽く足を上げてタメを作ることは可能でしょう。

しかし、プロならともかくアマチュアの下半身では、軽く足を上げてバランスをとることにもなかなか難しいところがあります。

また、タイミングの取り方も難しいところがあります。

基本的にはストレートの速さに合わせて足を上げるのですが、それよりも遅い変化球が来た場合、より長く足を上げ続ける必要があるためなおさら下半身の強さが要求されるのです。

最近足を上げる選手が少なくなってきたのもこのタイミングの取り方が関係してきている

最近はトレーニング方法の進歩に伴って投手の球速が上がり始めてきています。

それに対応するためには速めに足を上げる必要があるのですが、そうなるとチェンジアップやカーブのような遅い球にはより対応しづらくなってしまうのです。

そのため、最近では足を上げないバッティングフォームを取り入れる選手が増えてきているのです。

まとめ:足を上げるには合わせて下半身のトレーニングを取り入れよう!

ここまで足を上げる打ち方のメリットとデメリットを見てきましたが、アマチュアではプロほど速い球を投げるピッチャーはなかなか少ないですから、まだまだ足を上げるフォームの有効性もあるでしょう。

とはいえ、足を上げたからといってすぐ打てるというほど話は簡単ではありません。

下半身の筋肉をしっかり鍛え上げることで足上げのメリットは最大限に引き出されることができます。

下半身に筋肉はバッティング以外のところでも活かされますから、普段のトレーニングはおろそかにしないようにしましょう。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)