これからの時代は高め?どう対応したらいい?

プロの間で流行り始めている高めのストレート

少し前までは低めに投げれば長打はないのでしっかりと低めに投げろ、というのが定説でした。
バッターにとっては低いボールはすくい上げづらいですし、しっかりと打ったとしてもヒットが精いっぱいですからもっともな話です。

しかし、現在では低めよりも高めのほうが有効なのでは、という議論が沸き起こっています。

たとえば、メジャーに行った田中将大投手や前田健太投手などは決め球として高めを使うことが多くなったと述べていました。
メジャーのバッターは力があるので腕を伸ばしやすい低めよりも、腕をたたまなくてはいけない高めの方が有効だというのです。

 

では、日本ではどうでしょうか。
日本人は外国人に比べて力に劣る、というのがこれまでの常識でしたが、最近では筋トレの知識が生き渡ったため外国人にも負けない力を持ったバッターが増えてきました。

そのためメジャーと同じように高めにストレートを投げるピッチャーが増えてきています。

プロの世界の流れを見習って、アマの世界でも高めのストレートがよく投げられるようになる可能性は否定できないでしょう。
これからのバッターは低めだけでなく高めも打てるようにならなくてはいけません。
でも、高めを打つのは苦手、という人も多いでしょう。
今回はこの高めの対応法を伝授していきます。

高めを打ち上げたら相手の思うツボ

対応法を考えるためにはまずピッチャーの心理を読む必要があるでしょう。
ピッチャーが高めを投げるとき、どういう風に打ち取るイメージを思い描いているかと言うと、やはり高く打ち上げさせて内野フライや外野フライに打ち取ることを目的としています。

では、バッティングの際にフライを打ち上げないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

まずはバットの角度をできるだけ水平に近い角度に保つ、ということが大事です。

ボールの打ちあがる角度はバットの角度に比例します。
そのため高めのボールを当てようとしすぎてバットを反り返らせてしまうと、その分だけボールは高く打ちあがってしまうのです。

もちろんそれでホームランになればいいのですが、よっぽどのパワーがない限りスタンドまで届くことはありません。
自分のパワーに自信があるバッターならともかく、まだまだバッティングに自信がない、という人は極力バットの角度を付けずに高めのボールを当てることが大切になります。

 

どうしたらバットの角度が水平に近づく?

では、どのようにすればバットの角度が水平に近づくでしょうか。
まず高めのボールがくることをイメージしながら、それをアッパースイングで打つ真似をしてみてください。

その際、肘に重心を置きながらバットを振っていることに気が付くでしょう。
バットを下から持ち上げるとどうしても肘を中心にバッティングを行ってしまいます。
次にど真ん中のボールをレベルスイングで打つ真似をしてみてください。
その際には肘がスムーズに動き、肩からバットを振れていることに気が付くはずです。

そして、高めのボールを打つ際にもこの動きをしっかりとキープすることが大切になります。

ボールの高さが変わっても、自分のスイングのスタイルを変えないことが大事なのです。

このようにスイングの角度を水平に近づけるように意識すれば、高めのボールも打ち上げることなくすんなりとヒットを打てるようになるでしょう。
高めの見極めはどうしたらいい?
スイングの要領を踏まえたところで、次の課題になってくるのが高めの見極めです。
ピッチャーが高めのボールを投げてくるもう一つの目的として、釣り球を投げることで空振りを取ろうという意図があります。
ボール球をしっかりと見極め、甘い球を捉えることこそ成績アップの近道になります。

この高めのボールを見極めるにはどうしたらいいでしょうか。
まず自分が打てる高めのボールを、練習を通してしっかりと認識しておきましょう。

そしてこの高さのボールはどうしてもフライになってしまう、という高さが見つけたら、帽子のつばを使って目安を付けるようにしましょう。
この際に大切になってくるのはせっかく目安をつけても、バッティングの際に首が動いてしまったら台無しになってしまうということです。
この高さはダメだ、という目安を付けたうえで、首を固定し、バッティングに臨んでこそボールの見極めは可能になってくるのです。

もちろん審判によっては目安の高さより高いボールでもストライクを取る場合があるでしょう。
その際は帽子をかぶる角度を変えて、ぎりぎりの高さに来たらファウルで粘ることが大切になります。

まとめ:高めは絶好球だが油断してはいけない!

高めを打つためのコツを分かっていただけたでしょうか。
一つはスイングの角度を水平に保つこと、そのために肘からでなく肩からスイングするようにすること、そしてボール球は振らないこと、それぞれしっかり覚えてください。
高めの球は少し甘く入れば絶好球になります。
苦手を克服して打率を上げられるように頑張ってください。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)