アッパースイングの見直しが進んでいる?

かつては悪い打ち方とされたアッパースイングだけど……

野球を始めたときに見よう見まねでバットを振ってみたところ、大人からそのスイングじゃダメだ、と指摘されたことがある方は多いでしょう。
特に、アッパースイングになっているからもう少し振り下ろすようにスイングしてみよう、と指導された過去がある人もいるかもしれません。

実際、アッパースイングでボールを打とうとすると打球が高く上がりすぎてしまい、簡単に打ち取られやすくなります。
フライを捕球するのはある程度練習をした子供なら簡単なことです。

一方、ゴロを処理するためにはしっかりとボールを捕らなければいけないうえに、さらに一塁に正確に投げる技術も必要になります。
必要とされる動作が増えるほどミスの余地が生まれやすくなるので、フライとゴロがどちらが得かといえばゴロの方が得でしょう。

また、ランナーがいる場合はフライならタッチアップでない限り進塁することはできませんが、ゴロなら無条件で進塁することができます。
このような観点からアッパースイングでボールを打ち上げるのではなく、ダウンスイングでたたきつけてゴロを打つ指導を行っているコーチは多くいらっしゃいます。

ですが、もしかしたらその指導がこれから先変わっていくかもしれません。
なぜかというと、最近プロではアッパー気味にスイングすることでボールを高く上げて、ホームランを積極的に狙う指導が行われるようになっているからです。
これはメジャーリーグが起点になって流行している流れで、フライボールレボリューションとも呼ばれています。
この革命によって日米球界ではこれまで以上にホームランが増えている、というデータまで現れるようになりました。

果たしてこの流行はアマにも採り入れられるようになるのでしょうか。
流行に食いつく前に、まずはアッパースイングのメリットとデメリットをおさらいしておきましょう。

なんでも下からすくい上げるのがアッパースイングではない

アッパースイングのメリットを紹介する前に、まず最近プロで流行っている打ち方はどんな特徴があるのか紹介していきます。

アッパースイングと言うととにかくボールをすくい上げるもの、というイメージがありますが、プロはそこまで単純には考えていません。
ボールを時計にたとえて、大体七時のポイントにバットが当たるようにスイングすると良い打球が飛ぶようになる、と彼らは捉えているのです。
そこの地点から打ち上げると強い打球が飛びやすくなるし、悪くてもヒット、あわよくばホームランになりやすくなります。
そしてこの七時のポイントにバットを当てるためにはアッパースイングでなければいけません。

このようにアッパースイングのメリットとしては強い打球が飛びやすくなるということが挙げられます。

また、このアッパースイングの威力が最大限に発揮されるのが低めのボールに対応するときです。
低めのボールに対してたたきつけるようなスイングをしてもあまり力は伝わりづらいですが、アッパースイングならすくい上げやすくなるのでかえって長打が生まれやすくなります。

アッパースイングの弱点

このようなメリットを改めて認識したことでプロの間にアッパースイングが流行り始めているのですが、投手の側からこのアッパースイングに対応する動きも出始めています。

一つは高めのボールが今までより増えていることが挙げられるでしょう。
アッパースイングはどうしても下からすくい上げる形になるので高めのボールに対してはバットが遠回りになってしまいます。
さらにアッパースイングをするにあたって一番のミートポイントである七時の地点に当たりづらくなり、場合によっては六時の地点あたりに当たってしまって凡フライになってしまうことも少なくありません。

もう一つの対応策はカーブです。
カーブという変化球は二階から落ちてくるという比喩がある通り、大きな角度を付けながら落ちてくるのが特徴です。
アッパースイングにとってはカーブとの相性が悪く、なかなか絶好のミートポイントには当てづらくなります。
まっすぐ来るストレートのようなボールならどこを打てばいいか一目で分かりますが、人間は落ちてくるボールにはなかなか目途が付けづらくなるのです。

まとめ:アマチュアはアッパースイングを導入するべき?

ここまでメリットとデメリットを見てきたところで改めてアマチュアがこのアッパースイングを導入するべきかどうか、考えてみましょう。
アッパースイングをするにあたっては先程述べたようにしっかりとしたミートポイントを確立するのが欠かせません。

プロのように動体視力に優れた選手ならともかく、アマチュアがこれを真似て七時の地点を打てばいい、と思ってもなかなか上手くいかないのが普通でしょう。
もちろん、動体視力に自信があってスイングをしっかりできる人なら真似した方が得になります。
アッパースイングを上手く使いこなして、ホームランを量産しましょう。

プロの指導を受けたい方、まずはお申込み又は無料体験から!

(お試し終了後メールにて今後の継続の有無をお伺いいたします)